東京オリンピックの記事一覧

これからの日本のスポーツ

2020年の夏季オリンピックの開催地が日本に決まり、これから日本のスポーツ界は、自国開催のオリンピックの準備に追われることになります。
誘致活動の最終プレゼンテーションでは、安倍晋三総理が福島第一原発の汚染水問題の解決を「国際公約」とした形になったが、スポーツの現場では、オリンピック・ムーブメントに即した選手の強化策が必要になってくると思います。

まずは、各競技団体が7年後を見越したうででの強化が始まります。
2020年に競技年齢のピークを迎える世代の強化が重要で、競技によっては現時点で15歳から18歳の選手たちが特別強化対象となり、積極的な海外遠征で経験を積んでいくことが予想されます。
地元のオリンピックに出たいと願うベテランの競技年齢も伸び、日本の競技力は大いにアップしていくと期待しています。 「2020年東京オリンピックに向けて日本の展望と課題」の続きを読む »

スポーツ

竹田恒和(たけだつねかず)
takedatunekazu

1947年東京都生まれ。
皇籍を離脱した竹田宮恒徳親王の三男で、IOC委員であり、
日本オリンピック委員会(JOC)の会長を務める。
馬術競技の選手としてミュンヘン、モントリオールの両オリンピックに出場もしています。
その後は、コーチ、監督としてオリンピックに参加。
2001年にJOC会長となり、2012年になってIOC委員に選出されました。
2020年の東京オリンピック招致に当たっては、招致委員長として活動に従事され、
東京オリンピック開催決定に大きな役割をはたしたキーパーソンのひとりです。

「竹田恒和JOC会長が2020年東京オリンピック誘致に尽力」の続きを読む »

スポーツ