所得税の記事一覧

ふるさと納税とは

自分の故郷や応援した自治体(都道府県、市区町村)に寄付をすると、所得税や住民税が安くなる制度です。
2008年度税制改革で導入されました。
寄付した場合、2,000円を超える分が、1割を上限に、所得税と居住する自治体の住民税から控除されます。

制度導入以降、財政難に悩む多くの自治体が、知恵を絞って募金PRに必至だ。

ただ、控除には確定申告が必要なので手続きが煩雑で見直しの方向にあります。

また、税収効果の面でも、“焼け石に水”との批判もあります。

▼ふるさと納税ってなに?▼ 「ふるさと納税はお得なのか?確定申告すれば所得税と住民税が安くなるよ」の続きを読む »

経済

復興特別税とは


東日本大震災からの復興財源確保のため、復興財源確保法に基づき、3種の復興特別税が実施されました。

ひとつは「復興特別所得税」で、臨時増税とはいうものの、実質は恒久増税です。

2013年から2037年までの25年間、通常の所得税額に2.1%上乗せして課税されます。

2つ目は「復興特別法人所得税」。
法人税の実効税率をいったん5%引き下げたうえで、2013年4月1日以降に開始する事業年度から1年間だけ、法人税額に10%上乗せして課税されます。 「【復興特別税の計算と確定申告】個人の負担増!所得税だけじゃなく住民税にも!」の続きを読む »

経済