地震の記事一覧

リュウグウノツカイとは

リュウグウノツカイの生態には謎が多い。
体長5m前後で大きいものは10mを超える銀白色の細長い深海魚です。
2013年に入り、山口県、鳥取県などの日本海沿岸で相次いで見つかっています。

ここ3年は発見情報が減少していて、2013年はリュウグウノツカイの当たり年でした。

深海魚が姿を見せると海底で何らかの異常があったのではないかと考えられており、「地震の前兆」との言い伝えもあります。

▼リュウグウノツカイの全体像▼ 「リュウグウノツカイが大量捕獲「地震の前兆」かと怯える漁師たち」の続きを読む »

環境

ダイオウイカの生態

2013年1月、NHKが深海で泳ぐダイオウイカを世界で初めて放送し、平均視聴率16.8%を記録した。同年の2013年夏には特別展やグッズ販売が行われ、空前のイカブームが起こった。
この世界最大のイカは、全長が最大18mに達し、船を襲う西洋の怪物「クラーケン」のもとになったとされます。
しかし、深さ600m~1000mの深海に住んでいるため、まれに死体が海岸に流れ着いたり、漁船の網にかかったりしたが、その生態は謎に包まれていました。
NHKと国立科学博物館などの11カ国50名の科学者やエンジニアからなる国際チームは、潜水艇に通常の数百倍の性能を持つ超好感度カメラを積み込み、世界遺産小笠原の深海で初撮影に成功しました。

▼【深海の彼方から】世界最大の無脊椎生物 ダイオウイカの遊泳姿▼ 「ダイオウイカと地震は関係あるのか?相次ぐ水揚げで専門家は…」の続きを読む »

環境