問題の記事一覧

従軍慰安婦問題

第2次大戦中、占領地域内での日本軍人による性的不祥事の発生を押さえ、軍紀や士気を維持し、性病を予防するために、日本国土だけでなく、朝鮮半島からも多くの女性が前線に送り出されました。

日本軍は慰安婦の募集、慰安所の築造・経営・監督・衛生管理、慰安婦の渡航などに直接・間接に関与した。

その大部分の過程は民間業者の手でなされたが、
「勧誘ニ類シ警察当局ニ検挙取調ヲ受クルモノ」も少なくなかった。 「【韓国】従軍慰安婦問題の真実は?・・・実は捏造だった!?」の続きを読む »

各国の情勢

新疆ウイグル問題とは

中国西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区では独立運動が頻発していて、
中国政府は中央アジアのイスラム原理主義運動が新疆ウイグル自治区に波及することを強く警戒しています。

新疆ウイグル自治区では1990年代以来、深刻な暴動が多発し、
特に1997年2月には新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで連続バス爆破事件が発生したほか、
カザフスタン国境に近い伊寧市でも死者多数を出す衝突がありました。

中国政府はこれらをテロ行為とみなし、その後もウイグル族の独立運動家を全国的に捜索し、逮捕しています。 「新疆ウイグル自治区で起こっている問題は他人ごとじゃないぞ!」の続きを読む »

各国の情勢

影の銀行(シャドーバンキング)

規制の厳しい銀行を通さずに資金を貸し借りする中国の金融取引のことです。
貸出債権や債券を小口化した理財商品のほか、企業同士が直接貸し借りする委託金融などがあります。

中国では預金・貸出金利が規制されているため、高い利回りが得られる影の銀行への需要は大きい。

影の銀行を通して大量の資金が公共投資などに流れているとされています。

信用バブルを懸念する人民銀行は影の銀行を通した資金を抑えるため、市場への資金供給を絞っています。 「中国の影の銀行(シャドーバンキング)の問題で経済は破綻するのか?」の続きを読む »

ことば

キプロス支援

地中海の小国キプロスが2012年6月EU(欧州連合)に金融支援を要請しました。

ギリシャ国債を大量に保有するなどギリシャとの関係が深く、2012年3月ギリシャが、強制的な債務の一部切り捨て(管理された債務不履行)を行った影響などを受けました。

キプロスは金融業の規模がGDPの7倍もあり、キプロスをタックス・ヘイブンとして利用した資金のマネーロンダリングの疑惑ももたれていました。 「キプロスの金融危機問題で世界経済への波及はどこまで広がるのか」の続きを読む »

経済

PM2.5とは

2013年から、日本ではPM2.5(大気中に浮遊している2.5マイクロメートル以下の小さな粒子)による大気汚染が大きな問題となりました。
従来、日本では大気汚染物質として、微粒子の粒子径が10マイクロメートル以下、6.5~7.0マイクロメートル浮遊粒子状物質(SPM)として規制してきました。

しかし世界的にはそれより小さな浮遊粒子の健康粒子の健康影響を懸念し、1997年ごろよりPM2.5の大気汚染基準を設定。
この粉塵を吸い込むと肺の奥や血管まで入り込み、ぜんそくや心臓疾患発症の危険があるからです。

対策は「外出を控える。細かな塵も通さないマスクをする」などしかありません。 「【PM2.5】本当に中国だけの問題か?その原因と対策を考える」の続きを読む »

環境