北朝鮮の記事一覧

古代から現在に至るまで、都市計画ほど独裁者の心を酔わせるものはない。
古くは秦の始皇帝、ネロのローマ再建計画、桓武天皇の平安京、ヒトラーのアウトバーン、近年では北朝鮮・アルバニア・ルーマニアの要塞都市作りなど、都市計画は構想が大きければおおきいほど、独裁者は権力を実感し、歴史に名を刻むという陶酔感を味わうことができます。

この傾向は、権力が少数に集中している国家ほど顕著になります。 「安心安全な都市は先軍政治国家の北朝鮮型?」の続きを読む »

政治

北朝鮮による日本人拉致問題

日本人拉致という国家的犯罪行為が注目されたのは、1987年11月に発生した大韓航空機爆破事件の実行犯である金賢姫(キム・ヒョンヒ)が、拉致された日本人女性「李恩恵(リ・ウネ)」から日本語・文化の教育を受けたと供述したことからはじまりました。

1992年11月、日朝国交正常化交渉の第8回本会談で、日本側がこの問題を提起したところ、北朝鮮側は一方的に協議を打ち切りました。

その後、1997年2月、元北朝鮮工作員の証言によって横田めぐみさん拉致事件が浮上しましたが、北朝鮮側は「捏造」「でっち上げ」などと全面的に否定していました。 「【北朝鮮】日本人拉致問題は解決するのか?啓発アニメ「めぐみ」拡散して下さい。」の続きを読む »

各国の情勢

将軍さま

北朝鮮の国民は金正日(キム・ジョンイル)のことを何と呼んでいたでしょうか?

ほとんどの日本人は、「将軍さま」と答えると思います。

確かに、金正日が生きていたころ、テレビなどで北朝鮮がらみの報道の際はほぼ必ず、北朝鮮国民たちは彼を「将軍さま」と呼んでいた。

実際には、北朝鮮国民は朝鮮語で金正日を「チャングン(将軍)・ニム(さま)」と呼んでいました。

つまり、「将軍さま」というのは嘘ではありません。 「北朝鮮国民は金正日(キム・ジョンイル)を本当は何と呼んでいたかご存知ですか?」の続きを読む »

ことば