共通番号法の記事一覧

番号法(共通番号法、番号利用法)とは

以前はマイナンバー法案などとして知られていましたが、
2012年2月14日に閣議決定され国会に提出され国会に提出されていた法案が
2012年11月16日の衆議院解散で廃案となりました。

その法案を基礎にしつつも修正した番号法案が2013年3月1日に国会に提出され、
衆議院で一部修正のうえ、可決後、参議院で5月24日に可決・成立しました。

5月31日交付一部施行、規定により施行期日は異なりますが、付番などは2015年10月に施行予定です。 「番号法の概要とポイント!個人番号を割り当てられることによって個人情報は丸裸?」の続きを読む »

政治

マイナンバー制度とは

国民1人ひとりに固有の番号を割り振り、医療、年金、税に関する行政事務に活用する制度です。
社会保障の負担と給付の公平性を高めるため、「税と社会保障の一体改革」の一環として民主党政権期から本格的な議論がはじまり、
安倍政権においてマイナンバー法(共通番号法)が成立しました。
2016年1月から、個人番号情報が入ったICチップを埋め込んだカードが交付されます。
2017年からは、国と地方自治体の間で番号のやりとりが可能となり、社会保障の給付申請などに利用されます。 「マイナンバー制度はいつから始まりるか知ってますか?メリットやデメリットも考えてみましょう」の続きを読む »

政治