付置義務駐車場の記事一覧

付置義務駐車場とは

地方公共団体は、3000平方メートル以上の建築物を新築、もしくは増築しようとする者に対して駐車場を併せて設置するよう義務づけることができます。

このような駐車場を付置義務駐車場といいます。

国土交通省では、対象としていた付置義務対象建築物を1000~1500平方メートル程度に引き下げる一方、1台当たりの駐車所要面積を2.5m×6m~2.3m×5mに縮小しました。 「付置義務駐車場の制度とは」の続きを読む »

経営・産業