2014年3月の記事一覧

ビブリオバトル

他人に読んでもらいたいと思う本を推薦し、その本について語るゲームがビブリオバトルです。

書評合戦」ともいわれます。

立命館大学の谷口忠大准教授が考案し、全国の大学や図書館に広がっています。

ルールは簡単。

他人に薦めたい本を各自1冊持ち寄り、その本について語ります。 「ビブリオバトルって何っていう人へ。ルールを簡単に説明しましょう」の続きを読む »

文化

iPS細胞(人工多能性幹細胞)

iPS細胞とは、体のあらゆる細胞や臓器になることができる万能細胞の一種です。

生命の基本は細胞です。

精子と卵子が結合した受精卵という一つの細胞から生命のすべてが始まること、そして、この一つの受精卵が、数兆個という膨大な数に分裂し、しかもその個々の細胞が血管、筋肉、脳神経、肝臓など特殊で複雑な機能を備えた大人の細胞になることは、細胞の機能、DNAや遺伝という概念さえはっきりしない時代から知られています。 「山中伸弥教授のiPS細胞は一体何が称えられたのかご存知ですか?」の続きを読む »

科学・技術

付置義務駐車場とは

地方公共団体は、3000平方メートル以上の建築物を新築、もしくは増築しようとする者に対して駐車場を併せて設置するよう義務づけることができます。

このような駐車場を付置義務駐車場といいます。

国土交通省では、対象としていた付置義務対象建築物を1000~1500平方メートル程度に引き下げる一方、1台当たりの駐車所要面積を2.5m×6m~2.3m×5mに縮小しました。 「付置義務駐車場の制度とは」の続きを読む »

経営・産業

寒っ・すごっ・うるさっ

「寒い」「すごい」「うるさい」の強調した言い方が、「寒っ」「すごっ」「うるさっ」というように「語幹のみの形容詞」で表される傾向が広がっています。

これは2010年度の文化庁「国語に関する世論調査」でわかったことです。(2011年9月15日発表)

「寒っ」を「自分も使うし、他人が言うのも気にならない」と答えた人が62.5%、「自分は使わないが、他人が言うのは気にならない」と答えた人が22.2%で、合わせると85%にも達しています。

「すごっ」「短っ」「長っ」「うるさっ」についても65%が気にならないと答えたいます。 「寒っ!すごっ!うるさっ!が広まった理由」の続きを読む »

時代・流行

今でしょ!

2013年の流行語大賞に選ばれた「今でしょ!」

なぜあれほど広まったのでしょうか?
その理由について考察します。

予備校講師が生徒に対して、決めゼリフ風に繰り返し言わざるを得なかったのは、
「今でなくても、いつでもできる」と考えている生徒が多かったからではないでしょうか。

つまり「知の外付け」現象の広まりが背景にあるのでしょう。 「林修の今でしょ!を今ごろ考察してみる」の続きを読む »

時代・流行