2014年2月の記事一覧

子宮頸がんとは

子宮下方の、膣とるながる細い部分(子宮頸部)の上皮(粘膜)より発生するがんが子宮頸がんです。
40、50代に最も多い病気とされていますが、ここ20年間では20代の発生率が急激に上昇しています。

子宮の入り口付近に発生することが多いため、発見しやすく、早期に発見すれば、比較的予後が良いとされています。

一方で、がんが進行すると治療が難しくなるため、早期発見が重要です。 「子宮頸がんのこと知ってますか?原因や症状・治療など女性なら知っておくべきことがあります。」の続きを読む »

医療・健康

影の銀行(シャドーバンキング)

規制の厳しい銀行を通さずに資金を貸し借りする中国の金融取引のことです。
貸出債権や債券を小口化した理財商品のほか、企業同士が直接貸し借りする委託金融などがあります。

中国では預金・貸出金利が規制されているため、高い利回りが得られる影の銀行への需要は大きい。

影の銀行を通して大量の資金が公共投資などに流れているとされています。

信用バブルを懸念する人民銀行は影の銀行を通した資金を抑えるため、市場への資金供給を絞っています。 「中国の影の銀行(シャドーバンキング)の問題で経済は破綻するのか?」の続きを読む »

ことば

ふるさと納税とは

自分の故郷や応援した自治体(都道府県、市区町村)に寄付をすると、所得税や住民税が安くなる制度です。
2008年度税制改革で導入されました。
寄付した場合、2,000円を超える分が、1割を上限に、所得税と居住する自治体の住民税から控除されます。

制度導入以降、財政難に悩む多くの自治体が、知恵を絞って募金PRに必至だ。

ただ、控除には確定申告が必要なので手続きが煩雑で見直しの方向にあります。

また、税収効果の面でも、“焼け石に水”との批判もあります。

▼ふるさと納税ってなに?▼ 「ふるさと納税はお得なのか?確定申告すれば所得税と住民税が安くなるよ」の続きを読む »

経済

キプロス支援

地中海の小国キプロスが2012年6月EU(欧州連合)に金融支援を要請しました。

ギリシャ国債を大量に保有するなどギリシャとの関係が深く、2012年3月ギリシャが、強制的な債務の一部切り捨て(管理された債務不履行)を行った影響などを受けました。

キプロスは金融業の規模がGDPの7倍もあり、キプロスをタックス・ヘイブンとして利用した資金のマネーロンダリングの疑惑ももたれていました。 「キプロスの金融危機問題で世界経済への波及はどこまで広がるのか」の続きを読む »

経済

ビットコイン(Bitcoin)とは

キプロスの金融危機にともない、デジタル通貨(ビットコイン)が2013年頃より、世界で急速に広まり、2013年には100倍にも価値が上昇しました。

ピットコインは物理的な形ではなく、ネットを通し世界に送信でき、中央銀行などからの規制を受けません。

個人間で直接取引ができ、銀行や手形交換所を経由する必要がありません。

これにより手数料が非常に安く抑えられ、どの国でも使用でき口座を凍結されることもありません。 「ビットコイン(Bitcoin)の仕組みと基礎知識」の続きを読む »

時代・流行