各国の情勢の記事一覧

靖国参拝問題

2001年、小泉首相が8月15日に靖国神社を参拝する以降を示したことに対し、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社への参拝は認められないと中国は強く反発してきました。

結局、小泉首相は15日を避け、13日に参拝し、中韓両国に一応の配慮を示しました。

ところが、その後も2002年4月21日、2003年1月14日、2004年1月1日、2005年10月17日、2006年8月15日に小泉首相が靖国神社を参拝したため、安倍政権誕生まで首脳会談は滞りました。 「靖国参拝問題はなにが問題なのか?2013年安倍首相が7年ぶりに参拝した真相とは」の続きを読む »

各国の情勢

グルジア戦争とは


グルジアからの独立を主張する親ロシアの南オセチアは、1991年11月に独立を宣言したが、それを認めないグルジアとの間の紛争が拡大し、2008年8月7日、グルジアとロシアの国際戦争にまで発展しました。
5日間続いたので5日戦争とも言います。

ロシアはグルジア領土内からのロシア軍の撤収を宣言しましたが、同じく独立を主張するアブハジア自治共和国には6000人の兵員が残留。
2008年8月26日、ロシアはグルジアの一部、南オセチアとアブハジアを独立国とする大統領令を発布した。 「【ロシア】グルジア戦争の原因と悲惨な結末とは?僕らの5日戦争」の続きを読む »

各国の情勢

北朝鮮による日本人拉致問題

日本人拉致という国家的犯罪行為が注目されたのは、1987年11月に発生した大韓航空機爆破事件の実行犯である金賢姫(キム・ヒョンヒ)が、拉致された日本人女性「李恩恵(リ・ウネ)」から日本語・文化の教育を受けたと供述したことからはじまりました。

1992年11月、日朝国交正常化交渉の第8回本会談で、日本側がこの問題を提起したところ、北朝鮮側は一方的に協議を打ち切りました。

その後、1997年2月、元北朝鮮工作員の証言によって横田めぐみさん拉致事件が浮上しましたが、北朝鮮側は「捏造」「でっち上げ」などと全面的に否定していました。 「【北朝鮮】日本人拉致問題は解決するのか?啓発アニメ「めぐみ」拡散して下さい。」の続きを読む »

各国の情勢

中国の環境問題

中国各地で大気汚染、水質汚濁、固形廃棄物、騒音、砂漠化、酸性雨、渇水などの環境問題が深刻な問題となっています。

1973年に第1回全国環境保護会議が開催されて以来、環境保全への取組みが始まり、1979年の環境保護法(試行)採択を契機に本格化しました。
そして、1983年には環境保全を基本国策に位置づけました。

1989年に環境保護法が修正され汚染物質を排出する企業への罰則が強化されたほか、
1997年の刑法改正では資源環境破壊罪が増設されました。

▼中国の恐ろしい光景▼ 「中国の環境問題マジやばい!汚染はpm2.5だけじゃない!」の続きを読む »

各国の情勢

新疆ウイグル問題とは

中国西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区では独立運動が頻発していて、
中国政府は中央アジアのイスラム原理主義運動が新疆ウイグル自治区に波及することを強く警戒しています。

新疆ウイグル自治区では1990年代以来、深刻な暴動が多発し、
特に1997年2月には新疆ウイグル自治区の区都ウルムチで連続バス爆破事件が発生したほか、
カザフスタン国境に近い伊寧市でも死者多数を出す衝突がありました。

中国政府はこれらをテロ行為とみなし、その後もウイグル族の独立運動家を全国的に捜索し、逮捕しています。 「新疆ウイグル自治区で起こっている問題は他人ごとじゃないぞ!」の続きを読む »

各国の情勢