医療・健康の記事一覧

アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除と転移について

2013年、人気女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが両方の乳房を切除しました。
彼女の母親が卵巣がんで、叔母(母の妹)が乳がんで亡くなっており、
「BRCI1」という遺伝子(DNA)の異常(異変)が原因であった。
アンジェリーナ・ジョリーさんも、この変異遺伝子を受け継いだので、自身の乳がん発症確率は87%、
それが、乳房切除で5%になると語りました。

しかし、アンジェリーナ・ジョリーさんの乳房内には、すでに癌が生じていた可能性があり、
その場合、乳房切除は無駄になるかもしれません。
がんの性質は、「がん幹細胞」によって決まってしまうからです。

「アンジェリーナ・ジョリーが乳房切除したのはあの病気のせい?」の続きを読む »

医療・健康