医療・健康の記事一覧

新型出生前診断(無侵襲的出生前遺伝学的検査/NIPT)

妊婦の血液から、胎児の染色体や遺伝子を調べる新しい出生前診断のことです。

以前の診断方法では、胎児に異常がある「確率」を調べるにすぎなかった。

新しい方法では、妊婦の血液中にわずかに存在する胎児の遺伝子を直接調べられます。

高精度かつ、妊婦の採血だけで検査できる無侵襲的診断です。

日本では、2013年4月よりいくつかの医療施設で開始されました。 「新型出生前診断を受けましたか?医学の進歩と倫理」の続きを読む »

医療・健康

頭頸部がん

鎖骨より上部に発生するがんから甲状腺がんを除いたものを頭頸部がんと総称します。

上顎(じょうがく)がん咽頭がん舌がん喉頭がんが主なもので、
咽頭がんはさらに上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんは声帯がんとそれ以外とに分かれます。

大部分の組織型は偏平上皮がんです。

喫煙は下咽頭がんや喉頭がんの発生原因になっています。 「頭頸部がんの症状と治療について~」の続きを読む »

医療・健康

風疹とは

風疹とは、トガウイルス科に属する風疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患のことです。
主な症状として発疹、リンパ節腫張、発熱の3つがあります。

風疹ウイルスを含んだ感染者の鼻汁が飛沫となって飛ぶことによる経気道感染、または直越接触感染が原因となります。

潜伏期は14~21日(多いのは16~18日)で、発疹出現前後の約1週間に伝播力があります。 「風疹の症状とは?妊娠中の奥さんはワクチン予防接種を受けてください」の続きを読む »

医療・健康

子宮頸がんとは

子宮下方の、膣とるながる細い部分(子宮頸部)の上皮(粘膜)より発生するがんが子宮頸がんです。
40、50代に最も多い病気とされていますが、ここ20年間では20代の発生率が急激に上昇しています。

子宮の入り口付近に発生することが多いため、発見しやすく、早期に発見すれば、比較的予後が良いとされています。

一方で、がんが進行すると治療が難しくなるため、早期発見が重要です。 「子宮頸がんのこと知ってますか?原因や症状・治療など女性なら知っておくべきことがあります。」の続きを読む »

医療・健康

被曝とは

X(エックス)線やβ(ベータ)線、γ(ガンマ)線などの放射線に人体がさらされることを被曝といいます。

放射線によって細胞や遺伝子が傷つき、がんなどの病気の原因になる可能性があります。

地上で生活する人は、宇宙からの放射線や食品摂取などによって、世界の平均では年間約2.4ミリシーベルト、
日本の平均では年間約1.4ミリシーベルトの自然放射線を浴びています。

また、X線撮影(1回0.06ミリシーベルト)、X線CT検査(1回6.9ミリシーベルト)など医療関係での日常的な被曝もあります。 「被曝は医療を受けたりCT検査でも放射線被曝する?被曝量ってどのくらい?」の続きを読む »

医療・健康