フィギュアスケートのジャンプ

踏み切り時の足やエッジを使い分けることで6種類のジャンプがあります。

最も難易度が高いのがアクセルです。
以下、ルッツフリップループサルコウトウループの順といわれています。

ジャンプはすべて後ろ向きで着地するので、唯一前を向いて踏み切るアクセルは、ほかのジャンプより半回転多く跳ぶことになります。

右利きの選手の場合、ジャンプは左回転になります。
見分け方は、
前向きに跳べばアクセルです。

踏み切る際に一瞬腰掛けに座るような形になるのがループ。

踏み切りのときに両膝がハの形になるのがサルコウ。
左足のトウを内側から出すように着けばフリップ。

比較的構えている時間が長めで、乗っているカーブと逆方向に跳ぶのがルッツです。

 

▼村主章枝選手の妹、村主 千香選手によるジャンプの種類解説▼

 

トリプル・アクセルは、なぜ超難しい?
意外と知らないフィギュアスケートの基礎知識から、試合を見ているだけではわからない舞台裏まで。
一流現役選手だからこそ語れる、フィギュアスケートの“通”な楽しみ方が分かる一冊です。