ルセフ政権(ブラジル)

2011年発足したルラ政権の後継。

ジルマ・ルセフ大統領は、全政権下で鉱業エネルギー相、官房長官を歴任、ブラジル初の女性大統領となりました。

経済学者で、反軍政活動から投獄された経験を持っています。

政権発足後7人の閣僚を汚職問題で辞任させるなどクリーンな姿勢を打ち出しました。

rusefu2011年GDPで世界第6位に浮上するなど存在感を高めましたが、2012年以降、経済は低迷。

金利の引き下げによりインフレが進む中、2013年6月には運賃値上げに端を発して100万人規模の抗議デモが全国に広がり支持率を落としました。

2014年のサッカーワールドカップ、2016年のリオデジャネイロオリンピック開催を控え、汚職改善や国民の不満に応えるとともに「ブラジル・コスト」と呼ばれる複雑な税制や労働改革、インフラ整備を進め投資を呼びこむ改革の手腕が求められています。

▼【NET TV ニュース.報道】brazil Commission 2014 0324  ブラジルの政治、経済情報▼

Pen (ペン) 2014年 4/15号 [いまこそ知りたい、ブラジル]
by カエレバ