競争戦略/成長戦略とは

競争戦略は特定市場での競争相手への対応方針を指し、競争対抗と競争回避があります。
競争対抗には、競争を優位に進展するためのコスト・品質面に優れた製品の提供、イメージアップのための広告活動などがあります。

競争回避には、競争相手の得意分野と意図的にずらした市場獲得のための価格設定や広告活動などがあります。

成長戦略は、将来的に利益をもたらすと想定される分野への積極的・計画的な対応方針を指し、具体的活動としては新用途の発見、新技術の開発、未開市場の開拓、他業種との提携などがあります。

企業は事業分野に応じて両戦略を並行して実施しています。

▼マイケル・ポーターの競争戦略▼

競争優位、バリューチェーン、五つの競争要因、差別化、トレードオフ、適合性―企業の持続的な成功に不可欠な競争戦略のアイデアを豊富な事例と最新の理論にもとづいて解説したエッセンシャル版

コトラーと双壁とされるマーケティングの巨匠の戦略をたいへん上手にまとまめてくれた好著で、
「新規参入」「買い手」「代替品」「サプライヤー」との関係において、「既存企業同士の競争」では実はもっとも大切な決断とは「何をやらなのか」を選択することである、という指摘はまさに「本質」である。

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略
by カエレバ
自分が変わるための15の成長戦略: 人は何のために生きるのか、働くのか (単行本)
by カエレバ