リコノミクスとは

中国の李克強(りこくきょう)総理が打ち出した経済政策が、リコノミクスと呼ばれています。

リコノミクスは、景気刺激策より、構造改革を通じて時速的な経済発展を目指すことに重点がおかれています。

具体的には、無駄な公共投資の削減、不動産投機の抑制、環境保護強化等に関する政策が打ち出しています。

全国人民代表大会閉幕式に行われる恒例の記者会見において、李克強総理は改革を推し進めるために、既得権益との地決も辞さない決意を強調したことが注目されます。

その一方で、金融機関への引締めによる景気減速への懸念や影の銀行」(シャドーバンキングを通じた地方政府の莫大な不良債権問題が危惧されています。

リコノミクスとは何か?シャドーバンキング問題の行方など、
今後の中国経済について、森本毅郎・スタンバイ!で経済ジャーナリスト嶌信彦氏が解説。

▼リコノミクス・シャドーバンキング、中国経済崩壊の行方▼

 

世界第二位の経済大国、中国。しかしその内実は、拡大する経済格差、年間20万件以上の暴動やデモ、繰り返される政治闘争、経済政策の行き詰まり、共産党幹部による不正蓄財と海外逃亡など「果てしない混乱」状態にある。
懸念されているチャイナショックは起こるのか?
そして中国経済の末路は?
気鋭の経済評論家・上念司氏が、「経済(カネ)のルール」(経済理論)を駆使し、日本人が知っておくべき中国の裏の顔を暴きます。

悪中論 ~中国がいなくても、世界経済はまわる
by カエレバ