ダイオウグソクムシ

三重県鳥羽市の鳥羽水族館で、飼育している個体が、4年間にわたりエサを食べず、絶食を続けている。体重は1,028グラムで、飼育開始時より12グラム減少したが、こうしたことがインターネットで取り上げられると、同水族館の飼育日記にアクセスが集中した。

>>飼育日記

もともとあまり食べない深海生物ですが、これほど長い期間、食べないのも珍しいといいます。

▼ダイオウグソクムシ、とうとう絶食6年目!2014年1月2日NHKニュース▼

しかし、2014年2月14日(金)の夕方。
絶食ダイオウグソクムシへのバレンタイン餌やりが行なわれる予定だった鳥羽水族館。ところがその際、目下絶食最長記録を更新中の個体番号No.1こと1号たんの絶命を確認した。

2009年1月2日に約50gのアジを丸ごと食べて以来、5年と43日絶食を続けてきた。

ニコニコ生放送では2014年2月18日に追悼番組を配信。

>>ニコニコ生放送

ダイオウグソクムシ ぬいぐるみ 特大サイズ
by カエレバ